2016年10月14日金曜日

相続登記のお問合わせ

相続登記のお問合わせの際によくご質問いただくことは、大体次の二つです。
(1)相談の際に何を持って行けばいいですか?
(2)費用はどのくらいかかりますか?

(1)必要書類について
すでに戸籍謄本等を取られたのであれば、お手元にあるもの全てご持参ください。まだの場合は、亡くなられた方の本籍地や相続人の方の本籍地・住所等をお聞きしますので、メモしてきていただけると助かります。

もちろん戸籍謄本等は、相続登記のご依頼をいただければ、司法書士が取得致しますのでご安心ください。本籍地が遠方の場合や、何度も転籍している場合などは、ご自身で漏れなく取得することはかなり手間になりますので、司法書士に依頼されることをお勧めします。

また、不動産の内容のわかる資料として、権利証(登記識別情報)や固定資産税納税通知書をお持ちください。
不動産以外の財産がある場合は、預金通帳や投資信託等の明細書等の財産の内容の分かる資料もお持ちください。

(2)費用について
費用は登録免許税と司法書士報酬の合計額になります。

登録免許税は、不動産評価額×4/1000で、司法書士報酬は、内容にもよりますのであくまでも目安ですが、大体7万円(消費税込み)~となります。

一戸建てやマンションで私道等の共有物件がなく、遺産分割協議書を作成し、戸籍謄本等も当事務所で取得した場合です。物件の数、戸籍謄本の通数や相続の内容によっても変わりますが、参考にしていただければと思います。

なお、固定資産税納税通知書や評価証明書をご持参いただければ、詳しい見積もりの作成が可能です。

【相続手続・遺言作成・過払い金返還・時効援用】
辻堂・茅ヶ崎 司法書士 司法書士 湘南法務事務所